アパートの新・空き室対策|成功と失敗なら成功を選ぶ!マンション経営で上手く収入を得る方法

成功と失敗なら成功を選ぶ!マンション経営で上手く収入を得る方法

集合住宅模型

アパートの新・空き室対策

つみきとお金

民泊のシステムを利用

近年、不動産関連ビジネスにおいて話題となっているのが、民泊です。民泊とは一般の民家やアパート、マンション等、宿泊専用施設以外の場所に人を泊めることをいいます。2020年の東京オリンピックを控えて宿泊施設の需要拡大が予想されることから、注目を集めるようになっています。民泊が注目されるようになった原因はもう1つあります。それがairbnbです。airbnbは2008年にアメリカで始まったウェブサービスです。広い意味での旅行情報サイトの一種なのですが、個人宅や空きビルなど、ホテル等の宿泊専用施設ではない施設も宿泊先として紹介するというユニークな点が人気となり、世界中に広まりました。そこで、賃貸住宅のオーナーが空き室を有効活用する手段として利用するようになったのです。

管理・運営は外部委託で

airbnbの利用は、会員登録をして施設の概況説明や料金、連絡先などを公開するだけと非常にシンプルです。利用希望者からの申込受付などは施設の持ち主が行います。そのため、最近では宿泊業のノウハウを持った代行業者が、物件オーナーに代わって管理運営を行うというスタイルが一般的になっています。代行業者を利用するメリットの1つは、プロフェッショナルな接遇が可能になるということです。民泊と言えども相手は客ですから、ホテル並みとまでは行かなくても清掃やベッドメイク、コンシェルジュ等それなりのサービスは求められます。代行業者は、オーナーに代わってこれらの業務全般を取り仕切ります。もう1つのメリットは、外国語への対応です。airbnbは先述した通りアメリカ発のサービスであり、外国人の利用が多数を占めます。代行業者は外国語での情報発信や問い合わせ対応などについてもサポートを提供します。